クラミジア検査の費用

性病にも色々な種類がありますが、特に私たちに身近で感染しやすいのがクラミジアです。
クラミジアは自覚症状がほとんど現れないので、女性の場合は知らない間に進行していることも珍しくありません。
不妊に原因になる場合もあり楽観視は危険です。
更に口腔内を通じて感染する可能性もありますので、パートナーとしっかり共通の認識や責任を持つことが重要と言えます。
では実際に感染した場合や感染が疑われた場合、検査をするにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。
まず性病の検査そのものに共通して言えることですが、病院へ行かず検査キットで確認をするという手段があります。
もちろん陽性であれば専門の医療機関に行く必要がありますが、どうしても受診しづらいというときには選択肢として挙げられるでしょう。
費用としては3000円程度です。
次に病院でのクラミジア検査のみに焦点を当てた話をしますと、通常では大体4000円から6000円ほどの金額になります。
必ず保険の適用が可能か確認しておきましょう。
可能であればもう少し安く済みます。
それから初めて受診をするということになると、初診料の請求も行われます。
最終的にはこれらに診察代金を加えた合計額が必要になります。
病院であれば、高いところでは1万円以上かかることも珍しくはありません。
他には保健所で検査ができることもあります。
もし可能であれば無料か、かかっても非常に安い金額で行えます。
こちらも検査キット使用時と同様に、もしも陽性が出た場合は医療機関で治療薬の処方をお願いすることになるでしょう。
確実な検査結果を求めるのであれば、間違いなく病院での検査が一番です。
しかし色々と後ろめたさや抵抗感もあるでしょうから、その他の検査方法で判断するのも悪いとは言えません。
最も危険なのは放置をすることです。
もし完全な自覚症状が出ているときには、速やかに病院へと向かうようにしましょう。
もし病院に行く時間がない方は通販サイトで治療薬が買えるので、クラミジア治療薬で人気のクラビット(成分レボフロキサシン)やジスロマックで細菌と戦いましょう。
ジスロマックについて詳しく解説してるサイトもありますので、興味のある方はこちらも御覧ください。

クラミジア検査は自宅でもできる

クラミジアとは、原因となる菌が感染することにより発病するものです。
感染経路は、性行為により直接接触することで感染します。
年齢では10代~20代の若者に多く感染し、発症する傾向があります。
女性が感染した場合の症状では、オリモノが通常より多少増える傾向があり、軽い出血などをする場合もあります。
しかし、子宮からさらに感染が広がってしまうことで、下腹部の痛みなどが出る場合があります。
さらに悪化すると、肝臓などにまで炎症が広がることもあるので、出来るだけ早めに病院で治療を受けるほうがいいでしょう。
男性が感染した場合には、尿道のかゆみや不快感がある場合がありますが、あまり症状は重くならずに比較的軽い場合があります。
クラミジアの症状、また、体に違和感などを感じた場合には、クラミジア検査を受けるほうがいいでしょう。
しかし、病院に検査に行くことに抵抗を感じる場合には、自宅でもできるクラミジア検査用のキットもありますのでこれを利用することでクラミジアの検査は1人で手軽に行う事ができます。

自宅で行い、郵送することで検査結果がわかり次第、電話やメール、郵送で報告してくれます。
プライバシーを重視しているため、安心して検査をしてもらうことが可能です。
クラミジアに限らず、性病の場合には自身の免疫力低下により感染しやすい状態になります。
予防をするためには、日々の生活環境を見直して健康的な生活が送れるように改善していくことも大切です。
また、食事などで栄養をしっかりと補うことも重要なため、毎日の食事でバランスのよい食事をするように心がけていきましょう。
免疫力を高めることで、性病に感染している場合でも回復を早めることにもつながりますので、病院などで治療を受けている場合でも健康的な生活習慣、食生活を心がけていきましょう。

クラミジア検査の時間

性感染症の1つとしても知られているクラミジアは、感染者が多いと言われている反面、自覚症状がほとんど現れないことでも知られており、そのために本人が感染しても気が付かない場合が多くあります。
自覚症状としては、女性の場合にはおりものの量が増えたり、出血があったり、下部腹痛といった内容があり、男性においてはは排尿痛などの症状が現れることもあります。
疑いを持った場合には医療期間におけて検査を受ける必要があり、内容としては抗原検査によるものと抗体検査による2つの方法があります。
まず、抗原検査には即日検査と核酸増幅検査の2つがあり、ここでのクラミジア検査は即日検査では当日30分後、核酸増幅検査では翌日に結果を知ることができるようになっています。
クラミジア検査では、抗原検査では尿を採取することで検査が行なわれますが、抗体検査においては血液検査による方法となります。
血液からクラミジア抗体を検出することで感染の状態を把握する内容となりますが、特徴として感染機会から約1ヵ月経過をしないと検査をすることができない方法となっており、そのために迅速に結果を知りたい場合などでは抗原検査を選択することになります。
クラミジア検査は、通常、感染を疑うなどした日から2~3日経過をしていれば検査をすることができるようになっており、受ける場合には性病科か婦人科のある医療機関を選ぶ必要があります。
料金は医療機関によって違いもありますが、概ね、診察から検査、薬代まで含めて10,000円程度で受けることができ、実費としてはその3割が自己負担費用となります。
現在、クラミジア検査に関してはそれぞれの事情で医療機関に行けない場合などでは、市販の検査キットを利用してもできるようになっており、キットの価格としては、概ね5,000円程度から購入ができる製品もあります。
また、性病の感染症を治療するアジスロマイシンもネットで購入することができるので、一緒に購入し、感染した際に自宅にあると便利です。
アジスロマイシンは細菌が原因となる病にとても効果的な治療薬なので、クラミジア以外にも使用することが可能となっています。


■クラミジア以外の性病に効果のある治療薬をお探しなら
ヘルペスの薬の紹介