赤ちゃんのためにも大切な10代からのクラミジア検査

性感染症のなかでも、最も感染率の高い症状にクラミジアがあります。クラミジアは、現在、10代後半から20代の若い世代に増えていることが指摘されており、その理由としては、性交渉だけでなく咽頭からも感染することや、自覚症状が非常に少ないことを上げることができます。そのために、自分が知らないうちに相手に感染させることになり、それは、パートナーとの関係においても同様となっています。
クラミジア感染では、男女共に、疑わしい症状や思える内容が合った場合にはクラミジア検査を受ける必要があります。特に、女性の場合には、症状によっては赤ちゃんが産めなくなる可能性もあるために特に重要となり、しっかりと治療を受け、治す必要があります。
女性のクラミジアの厄介な面としては、男性よりも初期においては自覚症状がほとんど無い点があり、無症状であるために他へ感染をさせてしまう場合があるということです。女性がクラミジアを放置した場合には、いつくかの問題点が指摘されていますが、まず、放置されることでクラミジア菌が増殖をすることになり、増殖した菌が子宮頸管内を通ることで子宮頸管炎を引き起こすことになります。次に、卵管に入る込むことで重篤な卵管炎を引き起こすことにつながり、これらの症状は不妊の最も大きな原因になります。特に卵管炎の場合には卵子の通りが悪くなることで、難治性の卵管の通過障害による不妊症になる可能性が高くなります。
クラミジア菌は、放置をすることで増殖を繰り返していきますが、次の段階としては骨盤内部に感染してしまうことになり、この状態も不妊症の原因になってしまいます。
クラミジアが進行をした場合には、仮に妊娠できたとしても子宮外妊娠になる確率が非常に高くなることが知られており、健康な赤ちゃんを産むためにも必ず完治をさせることが重要になります。